TOP
28.09score

toggga

新科のチャンピオンの取り出されるRolex特別な版の腕時計は紀念します

ル・マン24時間耐久レースの新科のチャンピオンの取り出される<a href=" https://www.jackroad.co.jp/shop/r/rjrxn/" >ロレックス</a>Rolex特別な版の腕時計は紀念します

通って丸1日激烈で厳しいのが奮戦して、豊田引っ張り強さ車隊(ToyotaGazoo)はついに願いどおりになって、第86期のル・マン24時間耐久レースのチャンピオンを勝ち取ります。その前の数年間チャンピオン数の度と通り過ぎる豊田車隊、今期の試合は中嶋の1の高い(KazukiNakajima)の運転する8番の車で、388周の後で真っ先に入線を完成していて、豊田車隊に同じく属する7番の車はすぐその後に続いて、違いの2周だけあって試合を終わって、この日本車工場にこのすばらしい試合の1、2の名を請け負わせて、歴史的な第一冠をも勝ち取ります。

ル・マン24時間耐久レースはいつも感嘆させられて、予想外、試合に参加する運転手と車隊はすべて必ず安定を保って発揮しなければならなくて、一流の水準が現れて、大会を体現していて指定する時計算するロレックスのブランドの価値の理念。

2018年のル・マン24時間耐久レースの優勝者-豊田引っ張り強さ車隊(ToyotaGazoo)。

豊田の2台の混合のモータビークルは今年の試合の中で全行程でリードして、十分に節油する性能を発揮して、インタバルタイマに立って相手のルマンの原型の1級の(LMP1)の車のモデルを越えるのを止めます。夜間、7番の車は巧みに密集している車の流れと低速地区に対処して、1度リードしていて、でも8番の車は後の者が先の者を追い越します。豊田車隊後で奪い取って、RebellionRacing車隊が彼らを保って最も強非混合型LMP1車隊の地位にして、その3台の車は最後に第3位を獲得します。 G―のDrive車隊の26号(日)の車勇ましいボスLPM2ランクの試合、表現するのは素晴らしくてぬきんでて、この車は第1時間から持続的にリードして、最後にランクのチャンピオンを勝ち取って、総長幼の順序の第5人に位置します。

<a href=" http://www.ninnkitokei.com/brandcopy-l-5.html" target="_blank">ロレックス スーパーコピー</a> GT級の試合は予想が全く同様で競争が激化して、2つのグループの中で、ポルシェ車隊は大体いてリードします。 LMGTE職業チームの試合はとりわけエキサイティングで、現場の観衆に息を殺して観戦させる、ポルシェ、フォードとフェラーリ3荷馬車工場が激烈でたたかって、双方の間は数えるただギャップだけを閉じ込めて試合を終わります。

.

最終更新日:2018-08-06 18:52

コメント (0)